葉酸と食べ物
葉酸と食べ物 > さらに学ぶ > 葉酸と貧血の関係は?

葉酸と貧血の関係は?

a1450d294167df7fa8a826b7e8cac3db_s

貧血を予防できるといわれる鉄分を含むサプリメントには、必ずといってよいほど葉酸が含まれています。どうしてなのでしょう?

実は、葉酸が不足することで起こる貧血があるのです。それは、悪性貧血、専門的には巨赤芽球貧血です。

葉酸には、細胞の分裂を促進する効果があります。これは、赤ちゃんの細胞だったり、体中の細胞だったりします。無論、血液に関係する細胞も例外ではありません。

赤血球は、骨髄でできる細胞が変化、分裂することで出来上がります。しかし、細胞分裂が正常に行われず、異常に大きな赤血球となり、血液に乗る前に壊れてしまうのです。

赤血球の寿命は120日。それまでできた赤血球は普通に壊されていくので、赤血球の新たな供給が途絶されてしまい、貧血を起こすのです。

食べ物で葉酸不足を予防

健康を維持するために、バランスよく食べ物を摂ることは、基本ですよね。ここでは特に、葉酸不足を予防するために必要な食べ物について考えてみました。

食べ物から葉酸を摂取しすぎるということはありません。なぜなら、食べ物に含まれる葉酸は水に流れ出したり、熱に弱く調理の段階で壊されてしまっていることが多いからです。

また、葉酸は摂取した後、腸で吸収されて肝臓で蓄えられています。ただしその量としてはあまり多くはないので、毎日きちんと摂取することが求められます。

ほうれんそうや納豆、アスパラなど葉酸を含む食品を、他の食べ物と共にバランスよく摂取して、葉酸不足を予防しましょう。